スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「裏庭」 梨木香歩 


なんだか宮澤賢治みたいだなぁと思います。
世界観が独特で、おとぎ話のように見えて、それにしてはどろっともしている。
賢治よりももっと具体的で、だけど他の本よりもずっと抽象的。
読んでいて思ったのは、人の傷って存外分かっていない事が多くて、それと向き合う、対峙する、しまいこむ、受け入れる、置いてけぼりにする、新たに刻みこむ……色々な形に変化するのだなぁ…と。
これまで生きた中で巡っていた思いを改めて思い起こさせる作品でした。
でも確かに、それがあって初めて自分自身になっていくのかもしれませぬ。

それにしても、「輪廻転生」とか「生の意味」とか、ファンタジーにしてはすごく魂の源というような深い部分を忍ばせてあるような感じがしますね。
テルミィが剣を振り下ろし、それを起こしてしまった、あの、衝動。
それから首の紐……くびったのではないか、という思い、妄想……なんだかすごく分かります。
自分で自分をコントロールできないほどの衝動と、そしてそれによってもたらされる自分の頭の中いっぱい、体中を満たしそうなほどの妄想は…自分で自分が恐くなってしまうようなもので。
ああ、何故こんなにも恐いものが一瞬にして自分を支配してしまうのだろう、と。
それが頭の中、実際は(表面的には)まるきり何も怒っていないように見えるのに、小さな爆発を起こしている内面。
テレビで放映される事件の数々は恐ろしいものばかりだけれど、その中のいくつかには、この爆発がコントロールできなくなった時、こういうことが起きてしまうのだろうか…と、自制するものも確かにあって。
テルミィが、衝動から力尽きた時にわきあがった綾ちゃんへの気持ちは、きっと私はまだ辿りついたことのない、辿りつくかどうかも分からない”本当”の「友達」なのだなと思って、ちょっと辛くなりました。

それと、繰り返し目に付いた「役に立つ」。
子どもは、どうして親に必死にすがりついて、「役に立って」居場所を得ようとするのかなぁ……と。
親元にいる時は無論のこと、離れていてさえ、尚。尚。
自然と、そうしてすがってしまう。
当たり前だよ、と自分でたしなめる部分もあるけれども、何だか歯がゆくなってしまうところが強すぎて。
結局はそこから抜け出せなくて、もういい大人になっているにも関わらずその鎖にもがいている状況があまりに身近にありすぎて、とても痛かったです。
そして、そういう状況と、そうでない状況、そうした違いは確かにあって、決して分かりえる物でもなく、だけど、そういう状況というのは……案外多いものでもあるわけで。
いつかどこかで聞いた「『家庭』はひとつの『小さな宇宙』。家庭の数だけ宇宙が存在する」という言葉。
完全に交じり合うことは決してない、それぞれの物差し、視点、背景、感受性とトラウマ。
そういうことを考えると、今見えるひとつひとつのことも、例えばテレビで知る事件さえも、結局はそれを自分の宇宙の中に取り込んで見えた偏ったひとつに過ぎないんだろうなぁ。
それをいつだって自覚していないと、とことん偏ってしまいそうで怖いなぁ……と。

……1995年の第1回ファンタジー大賞受賞作、だったんですね。
ファンタジーにしてはあんまりに深すぎて、色々物思いにふけった一冊でした。
あ、それと。すごくどうでもいい話だけども、やっぱりゴシック体は読みづらくて苦手。
物語は明朝体がいいなぁ。

「クジラの彼」 有川浩 


最近、どうも有川浩症候群になりつつあるようです。
読み終わった後、もっと他に読みたい読みたいと禁断症状が出てくるのです。
でも、書かれている話が自衛隊などの話が結構多いようで、それは二の足を踏んでいる最中。
今回の本はタイトルと各話のあらすじから普通の話かな、と読んでみたのですが……、あらら、これまんま自衛隊ど真ん中ですね。
やられた!

自衛隊っていうと、どうも自分の中に曖昧なイメージがあって、それが距離感を(しかも相当な距離)作り出しているのです。
縁遠い人達というか、どこか怖いというか、あと、テレビの影響で何となくマイナスの方向にも漠然とイメージがあったりして。
それに軍隊物の話はこう思いっきりそっちの方向に傾いちゃっているって言うか……思想というか……。
ま、そんなよく知りもしないのに漠然としたイメージがあるのです。
でも、今回は全部読んでみてどうだったかというと、軍隊物というよりもそうして軍人さんをやっている方々も、普通に悩んだりしている日常の姿を垣間見せてもらうような話だったのですよ。
すごく意外でした。
その悩みも普通の、軍とか戦争とかテレビのニュースでしか触れないような社会に住んでいる私達には思いもつかないような所にあったりして…。
有川さんが描く話の中の軍人さん、という所も多分多々あるんでないかなと思うのですが、だけど、読んでいて一応真面目に生きているつもりだけれど、ちゃんちゃらと生きていてごめんなさい、ありがとう、なんて思ったりもして。
うちらには関係ないしー、じゃないんですよね。
ほんの少しだけ認識が改められました。まだまだ序の口なんだろうけれど。
あと安心しました。
あー……あー、やっぱりこういう所で悩んだりするんだなー、なんてね(笑)

それにしてもやっぱり、有川さんの話は……良い!
好っっきです~、この何ていうか、恋愛模様♪
特に好きな話は「クジラの彼」と「ロールアウト」。
もう、もう、

「甘酸っぱーーーーーいっっ!!(嬉)」

と、叫んでしまいました。いいじゃん、青春!
どの話も本当に読みやすくて、今まで躊躇していたシリーズも手を……出そうか、な、どうしようかな、と迷い中。
ていうか、高いんだよね。ハードカバー。
有川さんは好きだけど、本の値段はいつもその間に立ちはだかる大きな壁です。
それでも、お気に入りの作家さんに出会えるのは本当に嬉しい奇跡だなぁとホクホクしつつ。

「カボチャの冒険」 五十嵐大介(コミック) 


犬も猫も大好きなのですが、猫は野良猫との距離感が一番好きです。
あの飄々と、だけどちゃっかり人と沿って暮らしている姿。
道を悠々歩いているところ、こちらに全く気づいていない油断した姿。
舌を短く鳴らした後、怪訝そうに辺りを見回すも、見当違いの瞬間。
気づいた瞬間の一瞬の見つめ合いと、「チッ」といった風情で去っていく姿。
うーん、全部好き。

巷に猫の本がたくさん出ていますね。
大好きですよ、愛でて楽しめる写真集とかも好き。
作者と飼い猫のラブラブ生活も面白くて好き。
だけど、このコミックは一味違います。
作者と猫の間には愛と強い絆がありつつも、猫さん野放し状態。
いや、野放しって言うとちょっと語弊があるかな。
山間の長閑な村に自由気ままに遊んできては、作者に甘える猫さん。
DASH村の北登みたいなものかなぁ。
普段当たり前のようにエアコンをつけて、スーパーで買い物をして、時には出来合いの冷凍食品に頼ったりしている生活をしていますが、作者が時折覗かせる農村での暮らし方はどこかハッとさせる知恵に満ちていたり、言葉に表せない大切な物が溢れているような気がするんですね。
電気に溢れた世界に曖昧に暮らす中で鈍感になってしまった感覚が、不意に呼び起こされるというか。
季節感とか、空気の匂いとか、命の営みとか。
まぁ、内容はそんなにごてごてしているわけでなくて、あくまでカボチャ(猫の名前)が可愛いということに尽きるのですが!
猫と暮らすのならこういう暮らし方が理想だなぁ。
馴れ合うのでなく、お互い生活の営みをしながら、だけども寄り添っている、そんな生活。
それは他の飼い猫さんもそうかもしれないけれど、確かに違う一線を感じるのも事実。
作者さんの猫の見方、描き方も、単に可愛いだけとは感じられないし。
(野鳥を狩って食べるシーンとか、日常のワンシーンとしてすごくリアルに感じました)
うーん。
あ、あとですね。
ここに出てくる食べ物が、手作りの料理が、めちゃくちゃ……めちゃくちゃおいしそうなんですよ!
じゅるり。
猫を飼っている方にも飼っていない方にも、結構楽しめるんじゃないかなぁ。

「万福児」 下吉田本郷(コミック) 


そのお寺には生真面目なお坊様と変てこな奥様と奇天烈なお子様が住んでおりました。とさ。
個性的なイラスト(可愛くないっすよ、冷静に見て)に癖の強いお話(ヒくかもですよ、あるいは)なのに、何故だか妙に惹きつけられるんです。
しかも、たちが悪いことに一息に引き寄せず、後からじわじわ、じわじわと時間差攻撃でやってくる。
そして持続性が高い。
むっちむちのおでぶなお子様の奇行にどうしてこうも引き寄せられるのか……と、しばし真面目に考えたのですが、ああ!(ポン)
被るんだ、自分と。(突発性ナチュラルハイテンション症候群)


……いや、多分……皆様も多少あるのではないかと……。
あってください……。

も、何も考えず読んでください。としか勧められません(笑)
(2008年2月現在、3巻まで出ていまーす。
 一話完結なのでどっからでも大丈夫)

「レインツリーの国」 有川浩 


人の気持ちを考える事って難しい。
想像ってなんて難しいんだろう。
どれだけ想像しても自分の枠を超えられえず独り善がりで、時にそれでぶつかってしまう。

この本の主人公達は、幼い頃に読んだ印象深い本を通して知り合います。
初めはメールを通して始まった交流、お互い会いたいと思いつつ、それでも頑なに拒む彼女と、やがて知る事実…。

知らないことってたくさんあります。
戦争の内情にしても世界経済にしても、いやいや、国内の事だって知らないことだらけ。
そんな広い所でなくても、例えば身近にいる障害者の方に関して知らないことはたくさんで。
その無知が自分の中で恐怖と捉えていることもあるわけで。
それはもう正しい、正しくないという枠を超えて、子供の頃からある思いなのです。
だけど、それはいけないと思い出したのがここ数年。
身の回りにもおらず、自分にも起こりえない世界を、恐らく脚色を多分に加えられていたとしても、こうして知ることが出来るのはありがたいな、と。
ただの机上の空論であっても、そこから進む少しの足がかりになってくれたらいいなと思いつつ。

……あー。それにしてもやっぱりこの作家さん好きだー。
メールの交換の辺り、もう、もうすごい甘酸っぱかった!
少女まんがには出す事の出来ない甘酸っぱさが広がっていて素敵だったー(きゃー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。