スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「犬と私の10の約束」 監督/本木克英 

原作は読みましたが、そのままの雰囲気でしたね~。
ただ一つ違うかなと思ったのは、父親役の豊川悦司さん。
私のイメージだともっと外見からお堅くて、融通きかない不器用な感じが強かったです。
その方が、大学病院を辞めてからの生き方が映えるかなと思うし。
豊川さんだと最初からちょっとざっくばらんすぎたかなぁ。
でも、それはそれでとてもいい味が出ていたので、無問題。

犬と生きるって、難しいなぁと思います。
最近、犬のトレーナーをやっている人の本を読んでから、犬の飼い方……というか、一緒に暮らすことについて考えを改める部分があったので。
その方は、犬は屋外でなく屋内で飼う方が断然いいという考えで、それは読んでいてすごく納得できることでした。
でも、どこかで昔からの考え方で、犬は人と切り離して考えるもの、屋外で飼うもの、と思う部分もあって。
どっちが正しい、ということではないと思うんだけど……。
だけど、どっちの道を選んでも、やっぱり犬の気持ちを推し量って生きるのは難しいだろうなという事。
なんのかんので、言葉が話せない分、話せる側の人間の都合が先行されてしまうんだろうなぁと思って。
ただ、それに従うしかない彼らの、それでも真っ直ぐな視線を見ると、切なくなってしまいます。
犬はとてもとてもとても大好きだけど、やっぱり難しいなぁ……。
ただ、「犬の十戒」は、そうして犬と暮らす、あるいは猫と暮らすということに対して、どうも無頓着・無神経に過ぎる方(少なからずいると思うのですが)に少しの考える「材料」になるんでは……と。
いや、なってほしいな、とつくづく思いました。

…最後に、ジローの四角頭は最っ高!!

【出演】
田中麗奈 加瀬亮 福田麻由子
池脇千鶴 ピエール瀧 笹野高史
高島礼子 豊川悦司

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://smallname.blog15.fc2.com/tb.php/41-77147da2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。