スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔法にかけられて」 監督/ケヴィン・リマ 

大人も楽しめるファンタジーってことでいいでしょうか?
何かちょっとこっぱずかしくなる部分もありつつも、ディズニーランドに行ったらパレードやショーなど喜び勇んではしゃいでしまうたちなんで、ほとんど抵抗なく楽しんでしまいました!
パレードなどでもそうなんですが、ディズニーキャラを演じる方々は、仕草一つにも夢を壊さないよう気遣ってらっしゃいますね。
この映画でもやっぱりそうで……衣装や画面効果でももちろんファンタジーを感じたのですが、それに相乗してそうした仕草ひとつにも気を配ると、もうとことん入っていけるなぁ、と。
エイミーさんは、実は結構歳がいっているらしいですね。
時折、アップシーン(特に冒頭のぼろぼろの所など)では「あれ?」と感じる所もあったといえばあったのですが、一番要なのは「なりきり」なのでないかな、と。
一瞬の違和感すらも補って余りあるなりきりぶりは、見ていてスコーンと抜けていってしまいますよ。違和感。
アニメから現実にやってきたキャラクターのうち、一人も「えー、全然違うじゃーん」と思わせないのは、もうさすがとしか。

あとリスのピップは、特に最高です♪
シマリス大好きなもので、どちらかというとアニメよりもCGのピップが最高っ!
もう出てくる間は喜び通り過ぎて悶えるほどに……なんて。
頬とか指先でうりうりしたい。
でも、彼の扱いはなかなか酷いと思うような、なんというか。

あと、基本的にディズニーは子どもの物だと思うのですが、今回の映画はちょっと子どもが見るには濃厚なキスシーンがありましたね。
あまり気にしていなかったのですが、映画中、小学生くらいの女の子の声で「こういうとこ、あまり見ない方がいいよね」「うん」とか、ひそひそ聞こえたもので。
ふと考えてみたら、自分も小学生くらいの頃はテレビの映画でいきなり濃厚なキスシーンとか始まるとドギマギしてプチ挙動不審になった覚えもあり、確かになぁと納得したのでした。
あとファンタジーにしては、ここまでいくか…っ、と思ったのは、現代ニューヨークでお姫様に手を貸してくれる動物……いや、生物。
バスタブのお掃除シーンではね、えー。…一瞬、……ホラーかと。
しかし、ためらいもなく救いの手を差し伸べるジゼルには、本物の姫魂を見た!
か、かえって、よりお姫様らしかった!
でも、そういう細かなことは置いておいても、現代でファンタジーをためらいなく繰り広げてくれるものは大好きです!
……、……これも、ディズニーランドのショーに出たりするのかな。
その場合は……ジゼルと…ロバート? まさかエドワード?
……いやぁ……。

でも、少しひっかかった…まぁ、喉の小骨程度にひっかかったのはラスト、エンディングでの顛末。
ピップとナサニエル、笑えましたねー。
でも、ジゼルに関しては、「へー♪」と思う気持ちと、あぁ、やっぱりそういう社会的成功とか、そっちに価値を置くのね、と思う気持ちと。ないまぜ。複雑。
確かに成功だろうし、単純に幸せになったー!と見えるんだけど、やっぱりどうも、社会的成功=幸せとは単純に思えず、そう思わせてしまう社会的風潮とそう思ってしまう傾向とに何となーく……ぬーん。
なんとも言いがたい。

……って、ラストで考えこみますか(笑)

【出演】
ジゼル : エイミー・アダムス
ロバート : パトリック・デンプシー
エドワード王子 : ジェームズ・マースデン
ナリッサ女王 : スーザン・サランドン
ナサニエル : ティモシー・スポール
ナンシー : イディナ・メンゼル
モーガン : レイチェル・コヴィー
ナサニエル : ティモシー・スポール

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://smallname.blog15.fc2.com/tb.php/40-2dc72a5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。