スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)」 監督/山本泰一郎 

確か、結構前にはテレビで何度か見ていたような。
長いですね~、まだテレビでもやって……いるんですよね?
映画と映画の半端な時間を埋めるように観たもので、気が入っていないのです。
ごめんなさい。

もう大人になってしまった身としては、心理描写や動機などずいぶん乱暴というか、粗いけれど、でもその方が子どもに分かりやすいので、(ちょっと大きくなった)子どもが楽しめるアニメだなぁと。
最近、大人向けとしか思えないアニメ作品が多過ぎると思うんですよね。
もう既にずいぶん大人びすぎてしまっている彼らから、これ以上奪わない方がいいと思うんだけど…。
昔なつかしとなってしまったハウス劇場も復活して欲しいもの。
無邪気でいられる時期は限られているのに、なんとなーく公私共に詰め込みすぎじゃなかろうかと思う。
学力がとかではなくて……えーと、意識が?
あぁ、そうか。子どもを育てるっていう意識が、もろに学力に直結しすぎというか。
それ以外が無駄無駄と省きすぎている気がするんですけれど、そこに子どもが育つ大切なものを置いてけぼりにしている気もするんですよねぇ。

閑話休題。
本当は事件後の余韻をもっとスポットを当てて欲しい所だけど、まぁ……娯楽だしなぁ。
でも、大人が見ても最初から最後まで飽きる部分もなく楽しめました。
絵とかも綺麗だし。
前にワンピースを観た時は、所々おかしな顔になっていたりしたしなぁ。
昔から、アニメの映画ってテレビよりもおかしな顔になっていることがあったもんなぁ。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://smallname.blog15.fc2.com/tb.php/39-ce947086

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。