スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「仔羊の巣」 坂木司 


冒頭の一説は、……ついにそっちの道に入ってしまったのかと思いました。

うーん。
この本を読んで、すっかり分からなくなりました。
相変わらず自分の世界を突っ走っているような文だし、それぞれのキャラクターが独立しているかと思いきや、ある瞬間に全て同じ色になってしまいがちだけど。
それから、この人のこの世界はライトノベルで出した方が受けそうだし、売れるんじゃないかしらとか、余計なお世話としかいえないような思いも巡るけれど。
何よりこの作者は、読者が坂木と鳥井の関係を「おいおーい、お前らそっちの道なんじゃないのー?」と言われることを前提にして書いているのだなぁ……とはっきり思えた、というか強いほどにそれを押し出してきたような作品だなぁと。
意味が分からない。
でも、女子中高生の中には、多分割と多い割合でこういう危ない友情関係にキャッキャと嬉しがりそうな子がいると思うから、やっぱりライトノベルのほうが……。
だから、余計なお世話だって?

3冊のうちの2冊目までも読んでしまったし、3冊目も読むべきかしらと思うけれど……。
どうもこの人の本は、抵抗なくするする読める話で、中断してもすぐに読み進められる本だというのに、かといって引っかかりどころもないのがネック。
読んでもいいし読まないでもいいと言っているうちに時が経ちそうな気がします。
結構失礼な話。すんません。
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://smallname.blog15.fc2.com/tb.php/33-4d391cd8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。