スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本の中のホットケーキ 

ホットケーキ1

よく晴れた休日には、ホットケーキが食べたくなる。
絵本の中で見かけるやまもりてんこもりのホットケーキ。
小さめに焼いて、焼いて、焼きまくる。

フライパンの中に生地を流し込むと、小さくじゅゎっと音がして、緩やかに丸に広がっていく。
ぷっくり盛り上がった表面に、やがてぷつぷつと小さな気泡。
やがてもったりした大きな気泡が、ぷくり、ぷくり、とのんびり盛り上がっては、ぱちんっとはじける様子。
それを見守る時間のゆるやかさ。
いくつかはじけた後、ひっくり返す時の刹那の緊張感。
達成の快感と失敗の落胆の大きな分岐点。
そして、こんがり焼けた狐色に出会う喜び。
(黒い時は下の方に重ねて、なかった事に……)

それを何度も繰り返して、できあがったホットケーキの山。
これだけだと見た目が寂しいからシチューとかね。スープとかね。
もちろん、紅茶も忘れちゃいけない。
バターはこの際、カロリー気にせず、ぽんと乗せちゃおう。
ホットケーキにははちみつも欠かせないでしょ。
しめしめ、絵が整ってきたぞ。
ほかほかしているうちに食べましょう。

「いただきまーす!」
ホットケーキ2

……ま、食べきれないんだけどね。
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://smallname.blog15.fc2.com/tb.php/19-bc6aa5a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。