スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クジラの彼」 有川浩 


最近、どうも有川浩症候群になりつつあるようです。
読み終わった後、もっと他に読みたい読みたいと禁断症状が出てくるのです。
でも、書かれている話が自衛隊などの話が結構多いようで、それは二の足を踏んでいる最中。
今回の本はタイトルと各話のあらすじから普通の話かな、と読んでみたのですが……、あらら、これまんま自衛隊ど真ん中ですね。
やられた!

自衛隊っていうと、どうも自分の中に曖昧なイメージがあって、それが距離感を(しかも相当な距離)作り出しているのです。
縁遠い人達というか、どこか怖いというか、あと、テレビの影響で何となくマイナスの方向にも漠然とイメージがあったりして。
それに軍隊物の話はこう思いっきりそっちの方向に傾いちゃっているって言うか……思想というか……。
ま、そんなよく知りもしないのに漠然としたイメージがあるのです。
でも、今回は全部読んでみてどうだったかというと、軍隊物というよりもそうして軍人さんをやっている方々も、普通に悩んだりしている日常の姿を垣間見せてもらうような話だったのですよ。
すごく意外でした。
その悩みも普通の、軍とか戦争とかテレビのニュースでしか触れないような社会に住んでいる私達には思いもつかないような所にあったりして…。
有川さんが描く話の中の軍人さん、という所も多分多々あるんでないかなと思うのですが、だけど、読んでいて一応真面目に生きているつもりだけれど、ちゃんちゃらと生きていてごめんなさい、ありがとう、なんて思ったりもして。
うちらには関係ないしー、じゃないんですよね。
ほんの少しだけ認識が改められました。まだまだ序の口なんだろうけれど。
あと安心しました。
あー……あー、やっぱりこういう所で悩んだりするんだなー、なんてね(笑)

それにしてもやっぱり、有川さんの話は……良い!
好っっきです~、この何ていうか、恋愛模様♪
特に好きな話は「クジラの彼」と「ロールアウト」。
もう、もう、

「甘酸っぱーーーーーいっっ!!(嬉)」

と、叫んでしまいました。いいじゃん、青春!
どの話も本当に読みやすくて、今まで躊躇していたシリーズも手を……出そうか、な、どうしようかな、と迷い中。
ていうか、高いんだよね。ハードカバー。
有川さんは好きだけど、本の値段はいつもその間に立ちはだかる大きな壁です。
それでも、お気に入りの作家さんに出会えるのは本当に嬉しい奇跡だなぁとホクホクしつつ。
スポンサーサイト

Comments

有川浩さんの本ほんとに興味深いです。
軍関係は苦手ということですが、図書館シリーズも決して軍人さんの固い話ではありません^^
とても、面白いし、お話の中にレインツリーの国が出てきます。

ありがとうございます。

コメント、どうもありがとうございます♪
苦手というより、読んだ事が全く無いから躊躇、でしょうか。
先入観みたいなものがあるのかなぁと思います。
今まで考えたことが無かったから、こんな尻込みするものなんだぁと初めての発見でしたが(^-^;)
あとがきでスピンオフ物(恥ずかしながらスピンオフという言葉もここで始めて知ったりなどして)という事を知って、余計に読みたくなっていたのですが……うん、近いうちに読んでみます!
オススメいただいて、どうもありがとうございました(*^-^*)
  • [2008/03/09 09:46]
  • URL |
  • ありす@管理人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://smallname.blog15.fc2.com/tb.php/13-0db4f85c

有川浩  クジラの彼

クジラの彼 有川 浩 図書館に蔵書がなくて発売日をだいぶ過ぎてもいつまでたっても入る気配がなかったので、リクエストしたこの本。予約順位は1位でしたが手元にやってきたのは発売から5ヶ月ちょいたってからでした。図書館さまに買ってもらっている立場なのであま
  • [2008/03/02 22:16]
  • URL |
  • マロンカフェ ~のんびり読書~ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。