スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カボチャの冒険」 五十嵐大介(コミック) 


犬も猫も大好きなのですが、猫は野良猫との距離感が一番好きです。
あの飄々と、だけどちゃっかり人と沿って暮らしている姿。
道を悠々歩いているところ、こちらに全く気づいていない油断した姿。
舌を短く鳴らした後、怪訝そうに辺りを見回すも、見当違いの瞬間。
気づいた瞬間の一瞬の見つめ合いと、「チッ」といった風情で去っていく姿。
うーん、全部好き。

巷に猫の本がたくさん出ていますね。
大好きですよ、愛でて楽しめる写真集とかも好き。
作者と飼い猫のラブラブ生活も面白くて好き。
だけど、このコミックは一味違います。
作者と猫の間には愛と強い絆がありつつも、猫さん野放し状態。
いや、野放しって言うとちょっと語弊があるかな。
山間の長閑な村に自由気ままに遊んできては、作者に甘える猫さん。
DASH村の北登みたいなものかなぁ。
普段当たり前のようにエアコンをつけて、スーパーで買い物をして、時には出来合いの冷凍食品に頼ったりしている生活をしていますが、作者が時折覗かせる農村での暮らし方はどこかハッとさせる知恵に満ちていたり、言葉に表せない大切な物が溢れているような気がするんですね。
電気に溢れた世界に曖昧に暮らす中で鈍感になってしまった感覚が、不意に呼び起こされるというか。
季節感とか、空気の匂いとか、命の営みとか。
まぁ、内容はそんなにごてごてしているわけでなくて、あくまでカボチャ(猫の名前)が可愛いということに尽きるのですが!
猫と暮らすのならこういう暮らし方が理想だなぁ。
馴れ合うのでなく、お互い生活の営みをしながら、だけども寄り添っている、そんな生活。
それは他の飼い猫さんもそうかもしれないけれど、確かに違う一線を感じるのも事実。
作者さんの猫の見方、描き方も、単に可愛いだけとは感じられないし。
(野鳥を狩って食べるシーンとか、日常のワンシーンとしてすごくリアルに感じました)
うーん。
あ、あとですね。
ここに出てくる食べ物が、手作りの料理が、めちゃくちゃ……めちゃくちゃおいしそうなんですよ!
じゅるり。
猫を飼っている方にも飼っていない方にも、結構楽しめるんじゃないかなぁ。
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://smallname.blog15.fc2.com/tb.php/12-0d90ad4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。