スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「万福児」 下吉田本郷(コミック) 


そのお寺には生真面目なお坊様と変てこな奥様と奇天烈なお子様が住んでおりました。とさ。
個性的なイラスト(可愛くないっすよ、冷静に見て)に癖の強いお話(ヒくかもですよ、あるいは)なのに、何故だか妙に惹きつけられるんです。
しかも、たちが悪いことに一息に引き寄せず、後からじわじわ、じわじわと時間差攻撃でやってくる。
そして持続性が高い。
むっちむちのおでぶなお子様の奇行にどうしてこうも引き寄せられるのか……と、しばし真面目に考えたのですが、ああ!(ポン)
被るんだ、自分と。(突発性ナチュラルハイテンション症候群)


……いや、多分……皆様も多少あるのではないかと……。
あってください……。

も、何も考えず読んでください。としか勧められません(笑)
(2008年2月現在、3巻まで出ていまーす。
 一話完結なのでどっからでも大丈夫)
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://smallname.blog15.fc2.com/tb.php/10-f021679b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。